総務職に求められる能力とお金職場環境の話

NO IMAGE

総務職を目指す方に知っておくべき現実

総務職は、大変残念ですがとても地味で一般的なイメージで言えば仕事ができない人やメンタル的に負荷がかけられない人が配属される先とイメージされる仕事です。

仕事としても日々の地味なルーティーンワークに加えて、突発的な雑務を引き受けるとう社内の何でも屋・悪く言えば雑用をさせられると言う社内ヒエラルキーとしては決してランクが高いとは言えない仕事です。

給料は事務職的としては一般的な水準

総務職は、経理や人事と同様に給料水準として極めて高いと言う訳ではなく、営業職の様に自分の頑張りが数値として目に見えると言うことも少ないため、役職を上げるか、手当の出る資格を取得すると言う道が一般的です。

女性比率が高め

総務部や人事部は、技術職や営業職と比較して一般職の比率が高いため、必然的に職場環境における女性比率が高くなりやすいとういう側面があります。

女性と上手くコミュニケーションを取れる方は問題がないかもしれませんが、あまり女性が得意でない方にとってはあまり嬉しくない環境であると言えます。

女性は男性より感性が鋭いので特定の女性を贔屓(ひいき)したり、容姿によって態度を変えたりすると仕事が上手く回らなくなる可能性があります。

女性社会は敵に回すと大変ですよ・・・

営業職であれば、外出等で会社にいる時間は限られる人が多いと思いますが、事務職は朝から晩まで同じ人と仕事をすることが求められます。

事務職は、内勤で楽な仕事と見られることが多いですが、女性と上手く付き合う術を身につけたり多部署と上手く関係を築けなかれば居心地がとても悪くなる仕事です。

つまり、書類だけを相手にするだけではなく当然の事として相手と最低限のコミュニケーションを取れないといけない仕事です。

ブログ運営カテゴリの最新記事